今や銀行系および消費者金融系カードローンを契約する方法としては、無人契約機以外にインターネット通信を用いたWeb契約がおすすめです。

特に消費者金融のカードローンを契約する方法としては、1990年代では支店での契約または無人契約機が主流でした。今でも、無人契約機は国道沿いに設置され、お手軽に利用出来るといったメリットがあります。一方で、無人契約機が設置される個室に1時間近く拘束されることとなり、不安に思う場合があります。

そもそも、銀行の様に支店での契約が行えれば、トイレなどにも簡単に行けると考えますが、消費者金融については武富士事件による問題からセキュリティ対策が加速され、実店舗での契約がほとんど無くなりました。武富士事件については、放火強盗殺人事件として社員の生命を奪う結果となり、テレビCMの自粛だけでなく、防犯対策や防火対策といったあらゆる面で見直しが必要となりました。

その結果、無人契約機による契約申込が安全性が高いことや合理性が高くなり、全国各地に普及したものの、地域住民に対するイメージが悪いことや夜間でも利用できるといった面から犯罪にも利用されることとなりました。特にぼったくりバーなどでは、高額な飲食代を請求し、無人契約機で借り入れをさせる行為が横行しました。

ですが、このような被害拡大を防ぐためには、無人契約機の営業時間を短縮し、24時間営業を行う契約機については人通りの多い地域に限定されています。

そのため、契約検討者にとっては契約申込時間帯を限定されることとなってしまったものの、インターネット通信の普及により24時間どこでも契約申込が可能なWeb契約が普及しました。その結果、必要事項を入力して、審査結果を待つだけとなり、無駄な拘束時間が無くなることとなりました。

そのため、現在では無人契約機よりもWeb契約が断然おすすめ出来ます。