消費者金融からお金を借りるにあたって必要なものはさしあたって有りません。働いていて安定した収入があるのが絶対条件らしくまず最初から働いているか、年収はどれ程か聞かれると思います。

働いてない、収入がないとなるとその時点でNGになり帰されると思います。消費者金融のATMは一ヶ所に集まって設置してる場合が多いのですが無人と言っても別の所でモニターで見ているし、ネットワークで繋がってるみたいで一つ目のATMでNGが出ると真横の違う会社のATMで申し込みしてもNGになります。私も働いてない時期に借り入れしようとして三社目のATMから人の声がしてきてどこに申し込んでもダメだろうと注意された経験があります。

次に借りられる場合、きちんと働いていて安定した収入がある場合、と言うか全く初めての人は借り入れ、返済する人たちの邪魔にならないように借り入れ、返済専用ATMとは別の部屋が用意されてると思うのでそちらの部屋での手続きが開始されます。

部屋の中にあるインターフォンで直接人と喋り今現在の職業や勤続年数、年収等の聞き取り調査をされます。その所要時間が30分位でその30分の間に本人か他のスタッフが働いてる会社に連絡を取って確認をしたりカードを作成したりしてるようです。それらが終わればカードが発行されてお金が借りられるようになります。